一、常に機を窺い、此に臨みて躊躇するなかれ。