泥んこバレーボール神戸大会
参加結果

2001年8月5日 第3回大会 参加72チーム

結果
予選ブロック決勝敗退(BEST 16) 2勝1敗
記事
神戸牛目指して決勝トーナメント進出を目標として参戦。1回戦で現役バレーボール部のすずらんファイターズBを破るなどしたが、泥とソフトバレーボールに慣れないまま、ブロック決勝でAbe Sports in オレゴンに敗退。強打にこだわり過ぎたのが敗因か。優勝は神戸弘陵高校バレーボール部 B。
 
 

2002年8月4日 第4回大会 参加95チーム

結果
予選ブロック決勝敗退(BEST 16) 3勝1敗
記事
前年と同様、決勝トーナメント進出を目指して予選ブロックを順当に勝ち上がり、優勝チームKing N.O.Bを初めて泥まみれにする健闘を見せたが、うまさで敵わずブロック決勝で敗退。組み合わせに運が無かったのかも。
 
 

2003年8月3日 第5回大会 参加101チーム

結果
優勝 7戦全勝
記事
第1ブロック決勝で前年度優勝のN.O.Bを破ってリベンジを果たし、初めての決勝トーナメント進出を果たした。なんとなくその勢いのまま、相次ぐ激戦を制して見事優勝。不思議とミス無くソツ無く、勢いがあった。
 
 

2004年8月1日 第6回大会 参加94チーム

結果
決勝トーナメント準々決勝敗退(BEST 8) 4勝1敗
記事
年配組の引退をかけて最低でも決勝トーナメント進出を目標に参加。第6ブロックを勝ち抜いたが、決勝トーナメントにひとつだけある1回戦に入るという組み合わせの悪さで、1回勝ったのにBEST8にとどまった。優勝はN.O.Bで、通算4回目となった。
 
 

2005年7月31日 第7回大会 参加108チーム

結果
第3位 6勝1敗
記事
引退したはずの年配組が人数不足の為に緊急参戦。大粒の雨が降り、風でシートが飛びそうになるという初めての荒天の中、第6ブロックを勝ち上がった。特に強いチームとあたらないまま準決勝で優勝チームN.O.Bと対戦し、デュースの末にマッチポイントまで行ったが、結局は敗れた。直後の3位決定戦は、明らかに気が抜けていたもののなんとか勝利し、3位を勝ち取った。
 

2006年8月6日 第8回大会 参加108チーム

結果
予選ブロック2回戦敗退 1勝1敗
記事
主力年配組が本当に引退し、泥んこバレー未経験者及び女性陣が主力となって挑んだが、力及ばずあえなく2回戦敗退となった。
 

2007年8月5日 第9回大会 参加108チーム

結果
決勝トーナメント準々決勝敗退(BEST 8) 3勝1敗
記事
今回も全体的には主力編制ではなかったが、前衛及び後衛の一部が主戦力であった為、トントンと決勝トーナメントまで勝ち進んだ。準々決勝もかなりのリードでマッチポイントまで行ったが、そこから運も無く連続失点で敗退した。負けたゲームはリードはしていたものの流れが来なかった印象。
 

2008年8月3日 第10回大会 参加108チーム

結果
予選ブロック決勝敗退(BEST 18) 2勝1敗
記事
新戦力を加え、決意も新たに参戦となった。順当に予選の1回戦と2回戦を勝ち上がったが、予選ブロック決勝は相手の平均身長が高く、そこそこいい勝負はしたものの結局は力負けとなった。ただ、今回は第10回の記念大会ということで、功労賞的な特別賞に選ばれ、米をゲットできた。
 
通算成績
28勝7敗
優勝 1回  3位 1回  BEST 8 2回  BEST 16or18 3回